祝詞を唱え

18 の例文 (0.00 秒)
  • ピラミッドの下に、大勢の神官や巫女たちが整列し、祝詞のりととなえ始める。 ...
  • これをフリフリしながら祝詞のりとを唱えられたら、確かに悪霊でなくても昇天しそうなお姿だ。 ...
  • 神主は祝詞のりとを唱え、小さな坊主頭の上で御幣を振って御祓いをする。 ...
  • 犬石が社殿の前に現われて、長々と祝詞を唱えている。 ...
  • 天児屋命が祝詞を唱え、天手力男神が岩戸の脇に隠れて立った。 ...
  • 祝詞を唱えながら体調を損ねるほど没頭するなど、宗教的情熱に満ちた芸術活動だった。 ...
  • また、「神棚拝詞」という祝詞を唱えるのも良いとされている。 ...
  • まず神主の衣装を着た子供が蚕の神様の絵が描かれた札を家の大黒柱に立て掛け祝詞を唱える。 ...
  • それから帰って来るとすぐゴマ塩の熱い湯を呑み、食事になる前“とりふね”というお神楽式の踊りを祝詞を唱えながら舟をぐ手つきで踊るのであった。 ...
  • 二人の人が祝詞しゆくじを唱えて、死者の魂がまっすぐに行きますように、難所を通っても、よその亡霊に邪魔されないように護って、赤山にたどり着きますように、という。 ...
  • 板の間で誰かが、祝詞のりとを唱えているのだ。 ...
  • そして、跪いて祝詞を唱え、天劉伶を生む、酒を以て名を為す。 ...
  • 神社で祝詞を唱える場合は、二拝二拍手と一拝の間に行ったり、再拝の後に祝詞を唱え再度二拝二拍手一拝を行ったりする。 ...
  • 神社で祝詞を唱える場合は、二拝二拍手と一拝の間に行ったり、再拝の後に祝詞を唱え再度二拝二拍手一拝を行ったりする。 ...
  • 梨花ちゃんが祝詞を唱えた後、祭事用の大きな鍬を抱え、祭壇に積み上げてある布団の山に近付いていく。
  • それが一種の神事となって今もすたれず、大祭当日には赤飯を入れた白木の唐櫃からびつを舟にのせて湖心に漕ぎ出で、神官が祝詞のりとを唱えてそれを水中に沈めるのを例とし、その前夜に燈籠流しを行なうことは前に云った通りである。 ...
  • 木乃伊が祝詞のりとを唱えながら天の沼矛を宙にき回す。 ...