祝詞をあげ

25 の例文 (0.00 秒)
  • 祝詞をあげた後、梨花りかちゃんは祭壇に積まれた布団の山に歩み寄っていく。 ...
  • 大日女は、今度はその少年に向かって、何やら祝詞をあげはじめた。 ...
  • 結婚式では神主に祝詞をあげてもらうかと思うと、死ねば坊さんの世話になります。 ...
  • 神主が祝詞のりとをあげますと、ご出家はお経をはじめます。 ...
  • しびれをきらしていた神主が厳粛な顔をして祝詞のりとをあげた。 ...
  • 二人の若日女が瓶に入れた鶏の血を注ぎきってしまうと、大日女は、再び杖を打ち鳴らしながら、今度は明らかに音調の違う祝詞をあげはじめた。 ...
  • 宮司が祝詞をあげた後、御神体の前におかれた三方の上に、順番が記された紙片が紙縒りにされておかれている籤を評議員が順番に引く。 ...
  • 神主がかしこみかしこみ祝詞のりとをあげている最中に、すっかり退屈してすみから隅までけめぐる。 ...
  • さらに月はじめには祝詞のりとをあげて、古本を供える。 ...
  • ヒロ子さんの妹と私が付添い娘となりヒロ子さんの祖父が祝詞のりとをあげ、結婚式は滞りなく行われた。 ...
  • 全員がこうべを垂れる中、棚尾が祝詞をあげた。 ...
  • 殷羨は建康の西郊の石頭まで行ったとき、それらの手紙をみな水中へ投げ込み、祝詞をあげていった。 ...
  • オシリスがセトに殺された時はオシリスの遺体に防腐処理を施してミイラにしたとされ、そのためアヌビスはミイラ作りの監督官とされ、実際にミイラを作ったり死者を冥界へと導く祝詞をあげたりする際にアヌビスの仮面を被って作業が行われた。 ...
  • プラントを前に、神主が祝詞のりとをあげて、おはらいをする。 ...
  • その祭礼は十一月で、一年に一度神職かんぬしをよんで、神棚かみだな七五三しめ繩を張り、燈明をつけて、祝詞のりとをあげてもらひます。 ...
  • 後述する秋季例大祭が間近に迫った時期の火災で当年の祭礼は、焼け残った本殿を前に、氏子たちが集まり、宮司が祝詞をあげ礼をするだけのものとなった。 ...
  • 貫之は宮守りに祝詞を奏上してほしいと頼むと、宮守りは祝詞をあげ、そして、そのそも神慮を慰めるのに和歌よりも良いものはないと言った。 ...
  • 次へ