砂留普請

9 の例文 (0.00 秒)
  • 堂々川で砂留普請が本格的に進められたのは阿部正福藩主時代のことになる。 ...
  • 現在、日本の砂防史では1700年を福山の砂留普請が始まった年としている。 ...
  • 更に、藩政として農業に重点を置いていた勝種は、農民および田畑保護のため砂留普請を計画した。 ...
  • ただ福山の砂留の歴史に限定すると現存する史料にも表れているように、正弘は歴代藩主の中でも特に農民からの要求を聞き入れ砂留普請を推進したと見られている。 ...
  • この年貢減免一揆を起こし結束した農民たちが農地保全を藩に懇願し、藩は農村再建政策の一環としてそれに答えたことにより、藩内に砂留普請が本格化していったと考えられている。 ...
  • 更に農業政策に重点を置いていた勝種は再度山川掟を根拠としてこの時期に藩内での砂留普請を構想していたと考えられており、元禄10年あるいは水野勝岑が藩主となった元禄11年から堂々川で砂留普請を実施しようとしたが長らく着工しなかったとする記録が残っている。 ...
  • この勝種藩主時代の元禄10年、あるいは翌年水野勝岑が藩主となった元禄11年、堂々川に砂留普請を実施する計画が立てられていた。 ...
  • 文政7年頃福山藩藩士小田茂八が書いた『増補御普請手控』には藩による普請の歩掛に河川・溜池・干拓に加えて砂留石垣が記載されており、これは砂留普請が藩の事業であったことを裏付ける史料である。 ...