真摯

1,823 の例文 (0.02 秒)
  • 我々の真摯なる要求は我々の作為したものではない、自然の事実である。 ...
  • 彼の真摯しんしひとみはあのころよりさらに深みを増しているように感じられる。 ...
  • 彼が真摯な口調で話すと、彼の声ははっきりと大きな声で会場に響き渡った。 ...
  • 精神的な第二の故郷を求める旅に出ることが、真摯な人には往々ある。 ...
  • 夫婦はセックスも含めて、もっと真摯に向き合うべきではないだろうか。 ...
  • この牧師の異状な迄に真摯な態度がひどく信者達を動かしたのであった。 ...
  • ただ現実を受け入れ、立ち直ろうとしている真摯な瞳がそこにあった。 ...
  • 彼らの真摯さを父が理解してくれたら、何かが変わるかもしれないと思ったのだ。 ...
  • その一方で外部の調査機関の判断があれば結果は真摯に受け止めるとも述べた。 ...
  • 紫の上は微笑んでいるが、真摯しんしな願いだということは源氏にもわかった。 ...
  • 彼女は下を向き、さきほどまでの真摯しんしな眼差しはもうすっかりと消えていた。 ...
  • しかし彼らの死を思うたびに真摯しんしな学者の煩悶はんもんという事を考えない事はない。 ...
  • どちらにしても、彼女の萌恵に対する真摯しんしな友情は十分に伝わってくる。 ...
  • ごく稀れにだが、満腔の敬意をこめて真摯そのもので考えることもあった。 ...
  • この二人の真摯な態度にメディアも感銘を受け大衆も彼らを祝福した。 ...
  • より完全な記述と記録が真摯な学究の裁量に任されているからである。 ...
  • その姿はあまりにも真摯で、見ているこっちの心を停止させた。 ...
  • これが原因で投獄されたが、その真摯さを評価されて復職することになった。 ...
  • それが彼を中欧への旅に駆り立て、真摯な研究の数年を必要とさせたのだ。 ...
  • 真剣な葛藤のないところに、真摯な和解もまたありうるはずはなかった。 ...
  • ただ彼の愛の真摯しんしさだけが、人の同情を集めていたのである。 ...
  • 恐縮すると同時に、その真摯しんしな姿にこちらが学ばせていただく日々です。 ...
  • けれど真の哲学は他人相手の仕事ではなくして自己の魂の真摯しんしなる労作である。 ...
  • 夫人はあなたが考えておられるよりずっと真摯しんしな方ですぞ。 ...
  • 代わりに、商売相手にするように、真摯しんしな表情になって言葉を向ける。
  • 真摯しんしな一面にはそういう明るい上品な笑いが常にこもっていました。 ...
  • 作り手側の強いイメージを真摯に説明することで歌手からもアイディアをもらった。 ...
  • イガクリは、小学生のような真摯しんしな眼つきで自分の浮き点をかぞえている。
  • 次のページ