直火式

全て 名詞
14 の例文 (0.00 秒)
  • また、直火式の器具も含めてエスプレッソマシンと言われることもある。 ...
  • 余市では一次二次とも共に世界で唯一のものとなった『石炭直火式蒸溜』を続けており、独特の香りがウイスキーに残る。 ...
  • しかしビアレッティ社は現在異なるデザインで幾つかの電気式エスプレッソ・メーカーやステンレス製の直火式のエスプレッソ・メーカーを製造している。 ...
  • 電気式のエスプレッソマシンは、直火式に比べてより高い圧力をかけて抽出することができるため、より濃厚に淹れられると言われる。 ...
  • 直火式の器具は電気式のエスプレッソマシンと比較した場合の特長として、器具が小さく構造が簡単であるため、総じて安価で置き場所も取らない点がある。 ...
  • なお、エスプレッソと呼ばれるのはマシンで高圧抽出したコーヒーだけで、これらの直火式器具で作られたものは「モカ」と呼ばれ、全く別の飲み物として認識されている。 ...
  • また、しばしば「直火式エスプレッソ」という語でも言い表される。 ...
  • 泥炭ピートを産する地方や、古い家や極貧ごくひんの家では、いまだに日々の調理に直火式のストーヴやレンジを使っているらしい。 ...
  • thumb|コンロ等であぶる直火式の抽出器直火式の抽出器はコンロの上に直にエスプレッソの抽出器を置いて加熱し、熱を加えた際に発生する蒸気圧力によって抽出する方法である。 ...
  • モカエキスプレスは、伊・ビアレッティ社の商標で、沸騰した水の蒸気圧でコーヒーを抽出する方式の直火式のエスプレッソ・メーカーである。 ...
  • エスプレッソの抽出には、電気式のエスプレッソマシン、もしくは、もっぱら家庭用のモカエキスプレスなどの専用の器具を用いた直火式がある。 ...
  • 第2蒸留所の秩父蒸留所からの変更点は、発酵槽を国産ミズナラ材からフレンチオーク材に変えたこと、ポットスチルを蒸気による間接式加熱から、難易度は高いが個性が生まれやすいガスによる直火式加熱に変えたことなどである。 ...
  • 直火に器具を掛けて抽出する方式の器具の名称では、「マキネッタ」や大手メーカー製品の商品名である「モカ・エクスプレス」、「直台式」、「直火式」、あるいは単にエスプレッソメーカーなどと呼ばれている。 ...