直火で焼く

18 の例文 (0.00 秒)
  • 直火で焼くというきわめて原始的な調理法には、野趣に満ちた串を使ってこそ。 ...
  • また、肉や内臓にタレをつけ、直火で焼きながら食べる料理である。 ...
  • 魚はプロヴァンスの料理メニューで頻繁に登場するルジェは、小さな赤い魚を直火で焼いたものである。 ...
  • ザウブレクは、小さく切った肉を直火で焼いた、猟師や旅行者に人気のある料理である。 ...
  • あるいは、炒めたり、焼き網を用いて直火で焼いたりしてもよい。 ...
  • また、バーベキューなど食品を直火で焼いて調理する場合に、安価で簡単に着火可能なワックス系を使用するとその匂いが食品に付着し味と香りを劣化させる可能性があり、紙を使用した場合はその燃えカスの紙片が食品に付着してしまう。 ...
  • 佐々木道雄は、明治以前から日本人は山間部を中心に鳥や猪などの肉を直火で焼いて食べていたこと、戦前から牛や豚の内臓を使ったモツ煮込みや、串に刺して焼いて食べるモツ焼きがあったことを指摘している。 ...
  • 網焼きは炭の直火じかびで焼くので脂肪がとけるので、くどさが消え、あらゆる種類のステーキのうちで最高のものと思いたいが、ここのは脂肪がとけるというほど焼くまでもない。 ...
  • 生きた魚介を直火で焼く残酷焼は志摩市浜島町浜島の宝来荘が発祥の料理である。 ...
  • という円形の鉄板などで焼いてから、直火で焼くと膨らむ。 ...
  • 残酷焼は、生きたままのイセエビやアワビ、サザエなどを炭火などの直火で焼く料理のこと。 ...
  • 日本では、加熱せずにそのまま食べるのが一般的だが、北米では、キャンプファイヤやバーベキューの際にマシュマロを串に刺すなどして直火で焼いてとろけさせ、そのまま熱いうちに食べることも多い。 ...
  • わけても直火じかびで焼くときは、火かげんがたいせつで、熱源としては木炭がいちばんです。 ...
  • 大アサリは身が肥えてくる春先が旬で、伊良湖岬周辺や恋路ヶ浜では、とれたての大アサリを直火で焼いて提供する店が数多くある。 ...
  • 直火で焼くと肉の表面がカリっと焼けるが、網や鉄板の下に水受けを設けたもので焼くこともあり、これで野菜を焼くと直火と比べて水蒸気の作用で乾燥しにくく、ふっくらと焼ける。 ...
  • thumb|250px|肉を直火で焼いている様子 直火焼きとは、乾式加熱を伴う調理形態の一種で、熱媒を利用せず、火で直接食品の表面を加熱した料理である。 ...
  • 調理方法も炒める、蒸す、煮るなど中華料理と共通する手法が多いが、魚は、日本料理やカンボジア料理のように直火で焼く場合があるのが中華料理とは異なる。 ...