発作間欠期

9 の例文 (0.00 秒)
  • 周期性失調症2型は発作間欠期も眼振が認められるのが特徴である。 ...
  • 発作間欠期には多棘徐波あるいは棘徐波、鋭徐波発射が認められる。 ...
  • 複雑部分発作の発作間欠期の脳波は一側性あるいは両側性の、ふつうは非同期性の焦点があり、焦点はふつうは側頭部あるいは前頭部に出現する。 ...
  • 発作間欠期では、基礎律動は正常であるが、棘波、棘徐波のような突発波が出現することもある。 ...
  • 発作間欠期はふつう基礎律動は正常であるが、棘波、棘徐波のような突発波が出現することもある。 ...
  • 発作間欠期は多棘徐波が出現する。 ...
  • 発作時脳波は10Hz以上の速波と徐波、場合によっては棘徐波であり、発作間欠期には棘徐波あるいは多棘徐波が出現する。 ...
  • 若年ミオクロニーてんかんは思春期に起こり、発作間欠期、発作時は周波数の速い全般性棘徐波あるいは多棘徐波である。 ...