発作治療

7 の例文 (0.00 秒)
  • 長期管理薬を使用しても発作が起こった場合は、発作治療薬を使用する。
  • 発作治療薬を使う頻度が多いほど喘息の状態は悪いと考えられ、長期管理薬をいかに用いて発作治療薬の使用量を抑えるかということが治療の一つの目標となる。 ...
  • ニトログリセリンは徐放性製剤も存在するが、当然ながら発作治療には不向きである。 ...
  • thumb|160px|ニトログリセリン 発作治療薬の第一選択薬である。 ...
  • レベチラセタムは、抗てんかん薬のひとつで、てんかんの部分発作治療に用いる。 ...
  • 日本では錠剤が高度徐脈の治療薬としてカプセル剤が「めまい」治療薬として、注射薬がアダムス・ストークス症候群発作治療薬、急性心不全および術後低心拍出量症候群治療薬、気管支喘息重症発作治療薬として、吸入薬が喘息治療薬として承認されている。 ...