発作性心房細動

8 の例文 (0.00 秒)
  • 発作性心房細動の場合は初回であるか再発性心房細動の区別が重要となる。 ...
  • 発作性心房細動の慢性期治療の目的は多数ある。 ...
  • 発作性心房細動の場合は患者が症状になれることが少なく、動悸を主訴に救急部に受診することも多い。 ...
  • 有名な分類としては発作性心房細動、持続性心房細動、永続性心房細動というものが知られている。 ...
  • 発作性心房細動では頻脈となっていることが多いのでまずは心室レートのコントロールを行い、可能ならば洞調律化を目指す。 ...
  • 発作性心房細動では慢性心房細動に比べれば脳血管障害のリスクは低いと考えられているが、CHADsスコアで1点以上のリスクがある患者ではワーファリンによる抗凝固療法が必要と考えられている。 ...
  • ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群に合併した発作性心房細動は偽性心室頻拍と呼ばれ、通常のAfとは異なり、心房の興奮がKent束を介してそのまま心室に伝わるため、高度の頻脈、また心室細動から突然死に至る場合がある。 ...