発作型

23 の例文 (0.00 秒)
  • ベンゾジアゼピン系抗てんかん薬は発作型に関わらず有効なことがある。 ...
  • LGSでは、複数の発作型のてんかんが見られることが典型的である。 ...
  • 発作型は部分発作あるいは部分発作の全般化による直間代発作が多い。 ...
  • そのため病歴と脳波を中心に発作型の診断をすることになる。 ...
  • 発作型の診断は1981年度ILAEてんかん発作型分類で行われる。 ...
  • てんかんは発作型によって治療薬が異なるのだが、この場合は抗てんかん薬の予防投与となる。 ...
  • てんかんは発作型によって治療薬が異なるが、この場合は抗てんかん薬の予防投与となる。 ...
  • この発作型分類は、発作症状と脳波所見の忠実な対比から成り立つ。 ...
  • いずれの発作型でも普通は発作中は規則正しい左右対称性の3Hz棘徐波複合が出現する。 ...
  • てんかん発作が頻繁かつ多彩な発作型を呈している場合や、典型的な脳波パターンがあることで、明確な診断ができる。 ...
  • 日常的に起こる複数の発作型のてんかんの他、LGSの患児は精神発達遅滞や運動機能障害を合併することが多い。 ...
  • 年齢、てんかん発作型、検査所見をもとに、てんかん症候群の診断を受ける。 ...
  • いずれの発作型でも、普通は発作中は規則正しい左右対称性の3Hz棘徐波複合が出現する。 ...
  • 最も頻繁に起きる発作型は強直間代発作であり、夜間に多い。 ...
  • 難治性てんかんについては、ビデオ・脳波モニタリングなどを用いて、焦点の同定や発作型の判定を行い、最適な治療方針を決めている。 ...
  • この分類では、発作型および脳波変化が一側半球の部分に局在する「部分発作」と臨床症状が最初から両側半球が巻き込まれたと考えられる「全般発作」に分類される。 ...
  • てんかん発作型分類は2006年度に改訂され、てんかんおよびてんかん症候群国際分類は、2010年度に改訂されたが新分類普及は遅れている。 ...
  • 次へ