痛風発作

29 の例文 (0.00 秒)
  • しかし痛風発作時に尿酸降下薬を既に使用している場合は原則として継続する。 ...
  • 尿酸が体内に蓄積すると結晶化して関節に析出して痛風発作を誘発する。 ...
  • 急性の関節炎に対して質の高いエビデンスはなく、痛風発作の治療に準じる。 ...
  • 尿酸降下薬の使用が痛風発作を誘発することがあるためである。 ...
  • 痛風発作を繰り返し、慢性化した場合は痛風結節の形成や多関節炎への移行がみられる。 ...
  • また、血中含有尿酸の濃度が急激に低下した場合においても、痛風発作が生じることが知られている。 ...
  • 析出して結晶化した尿酸は、炎症を引き起こして痛風発作を誘発する。 ...
  • アメリカにおいて尿酸値を下げる効果と痛風発作の痛みを緩和する効果があると広く信じられているアメリカンチェリーは、アントシアニンなどのポリフェノール類が働いているといわれている。 ...
  • 痛風発作の発現後、服用開始が早いほど効果的である。 ...
  • 予防投与では、発作が予感されるかなりの初期でないと効き目が少ないのが特徴であり、痛風発作以外への鎮痛・消炎作用はほとんど認められない。 ...
  • 痛風発作の極期には非ステロイド性抗炎症薬が有効であるが短期間に限り比較的多量を投与して炎症を沈静化させる。 ...
  • 痛風発作時に血清尿酸値を変動させると発作の増悪を認めることが多いため、発作中に尿酸降下薬を開始しないことを原則とする。 ...
  • 体内での尿酸の産生を抑制し、高尿酸血症を改善することにより痛風発作の発生を予防する。 ...
  • なお、尿酸は体内に存在することで活性酸素種によって自身は酸化されるという形で抗酸化物質として作用する一方で、尿酸が体内に異常蓄積すると水への溶解度が低いことから比較的容易に析出して結晶化し痛風発作を誘発する。 ...
  • 痛風発作は尿酸ナトリウムの針状結晶によって引き起こされる。 ...
  • 尿酸降下薬使用中も痛風発作予防のため低容量コルヒチンの併用をコルヒチンカバーとして使用することもある。 ...
  • このころから、充分な地力はあるものの、右大腿肉離れ・左母趾関節脱臼などの外傷や痛風発作などに苦しみ、幕内・十両間を3往復することとなった。 ...
  • 次へ