生兵法

32 の例文 (0.01 秒)
  • ただ生兵法は困るが、栄養学もそろそろ信用していい頃であろう。 ...
  • 再びこの生兵法なまびようほうの小冠者大将の募りに応ずる者があろうとは思われないのだ。 ...
  • これに似たことはいくらもあるので、生兵法の科学的方法を振り廻すのは或る場合には危険である。 ...
  • ただ真っ向勝負が持ち味であるため「生兵法」である駆け引きは使わない。 ...
  • 素人の生兵法なまびようほうで真実を見誤らせる結果になるのも、時間を無駄に消費するのも、この際好ましいことではないな。 ...
  • 生兵法なまびようほうは大けがのもというやないか。 ...
  • 生兵法なまびようほうとは思ったが、私は仕事の合間に図書館へ立ち寄り、難しい医学書を読みふけったりもした。 ...
  • 大作が催眠術を使って精神障害を治療するなどと言っていますが、何の素人しろうと生兵法なまびようほう、ろくなことはありません。 ...
  • さりながら、思えばその主君のせられました直接の原因は、私の弟子の生兵法なまびようほうによるものでござりました。 ...
  • 戦争の要領を覚えたツモリでも、新手を打つのを天才といって、生兵法なまびょうほう大怪我おおけがの元という通りだ。 ...
  • 生兵法なまびようほうはよすがいい」 遠藤の刀が、地上に落ちている。 ...
  • 修行といふことは、今日隣組のやうなものでも、その他あらゆる職域でいはれてゐるが、修行的なことをやつても、生兵法の自信は却つて邪魔になる場合が多いと思ふのである。 ...
  • 人間はどうかすると未熟な科学の付け焼き刃の価値を過信して、時々鳥獣に笑われそうな間違いをして得意になったり、生兵法の大けがをしてもまだ悟らない。 ...
  • 必要にして十分なる性知識は、どの程度までをいうのか知らないが、初夜にして、お定さんもびっくりみたいな、技巧弄するのは、生兵法怪我のもとで、尿道亭主を笑うことはできない。 ...
  • 生兵法なまびょうほうさまたげていたのだ。 ...
  • この肝の美味さを生かし、しかも、危険のない法を心得ないでもないが、余計なことを披露したために生兵法をやられても大変だから、特志があれば直伝することとする。 ...
  • 修練を欠いた言葉の操作は、それが武器のつもりであればあるほど、生兵法の危険を伴ひ、相手を戸迷ひさせ、何か間違ひではないかと、頭を叩かれながら訊ねるやうなことにもなる。 ...
  • ユリちゃんが悪いわけじゃなく、赤沼さんの生兵法が、自ら招いた災難というものです。 ...
  • 生兵法なまびようほうは怪我の基と申すではないか」 しかし、昨夜の伊太郎の出現は、東吾にとって、まことに都合がよかった。 ...
  • 世に推事おしごとというは出来ぬもので、これがな、腹に底があってした事じゃと、うむとこらえるでござりましょうが、好事ものずき半分の生兵法なまびょうほうえらく汗をきました。
  • もちろん、生兵法なまびょうほう怪我けがのもと、ということわざは知っているが、ハンダノに移ってからのジョクは、中学時代を思い出してトレーニングをつづけていた。 ...
  • いくらトレーニングしても、生兵法なまびょうほうは生兵法だよ。
  • 生兵法の推理はこの場合禁物である。 ...
  • したがつて帰国早々には容易に発表の出来ない珍談も、幾多出来したのでありますが、法律にも時效というものがあるように、すでに四十年近くも経過致した今日となりましては、もはや公々然と自白致しても差支えないと存じまして、ここに「生兵法は大怪我の基」という一珍談を発表致します。 ...
  • あのグラックの馬といやあ、けっこうとり扱いやなにかが厄介なんだよ、えい、この生兵法が! ...
  • 制止する際にトキに顔を軽くぶたれた上に生兵法を咎められ、自尊心を傷つけられたアミバは、トキに対し異常なまでの恨みを抱く。 ...
  • 飛入りは非番巡査や近所の若者、または他の道場の生兵法なまびょうほう連中、三番抜きに手拭一本の褒美を無二の光栄として汗だくの奮闘。 ...
  • 誰かを「ぬかに首」でかついでやろう、と友人の家を尋ねるが、言葉をよく知らないため「腕が利いた」を「腕が切れて手がボロボロ」、「柔道で柔の修業」を「十三で柔らかい焼き餅の修業」、「生兵法は大怪我の元」を「生麩は焼き麩の元」「生煮えは半煮えの元」と言うなど、しどろもどろになって一向にうまくいかない。 ...
  • 次のページ

生兵法で始まる単語