琴線に触れる

35 の例文 (0.00 秒)
  • ひょっとするとそれが、音楽が我々の琴線に触れる理由なのかもしれぬ。 ...
  • 怠惰で無能な労働者に対する彼の主張は、多くの企業家の琴線に触れた。 ...
  • なぜ、ここまで私の琴線に触れたかというと、像が少年だからなのだ。 ...
  • 夢見る芸術家を讃えた詩文がエルガーの琴線に触れたことは疑いがない。 ...
  • 自分の何が琴線きんせんに触れたかは興味のあるところだった。 ...
  • その言葉は何か彼自身の性質の奥深くにある心の琴線に触れているかのように思えた。 ...
  • アメリカでは公開当時、戦争の暗い世相に疲れた人々の心の琴線に触れて大ヒット。 ...
  • 漢字で読んだだけではピンと来ないが、口に出してみてその名が記憶の琴線に触れた。 ...
  • その古い写真は、よほど彼女の琴線に触れるものがあったらしい。
  • 美しいハーカー夫人に会ったために、何か患者の記憶の琴線きんせんに触れたものでもあったのだろうか。 ...
  • 新しい環境や経験のすべてが、彼の心の琴線に触れた。 ...
  • その声は耐えがたいほどの鋭さで、隠れていた心の琴線に触れた。 ...
  • 小姑や実家の親まで出てくれば、どれかは主婦の琴線に触れるに決まっている。 ...
  • 物語には水晶のような明晰さと切れ味があり、それが私の心の琴線に触れたのです。
  • 何かが、心の琴線に触れたような気がした。 ...
  • このおことばは内外の研究者らの琴線に触れ、国内外で多くの反響を呼んだ。 ...
  • 伊織・F・刹那という名前が、よっぽどこいつの琴線きんせんに触れたらしい。 ...
  • 次へ