現存する古文書

10 の例文 (0.00 秒)
  • 中国では現存する古文書が少ないこともあり、花押の実態は必ずしも明かではない。 ...
  • しかし、製塩所の建設状況がどのようなものであったかを、現存する古文書類から詳細に窺い知ることは出来ない。 ...
  • ただし、現存する古文書で確認できる実名は助良であり、満助は後世の系譜のみに登場する名前である。 ...
  • ただし、現存する古文書の中に佐竹義昭から義里に対する命令文書が残されており、実際に没したのは義昭が家督を継承した天文14年から永禄年間にかけての時期と推定されている。 ...
  • ミリベルの出身で、現存する古文書での最古の言及は1553年の「書籍商」としてのものである。 ...
  • 名前については「吉隆」ともされるが、現存する古文書で「吉隆」と署名する文書は確認できず、いずれも「吉継」である。 ...
  • ただしそう伝える東慶寺の古文書は江戸時代のものであり、現存する古文書で覚山尼を東慶寺開山とするもっとも古いものは戦国時代天文頃の『五山記考異』である。 ...
  • 妙蔵寺は約700年の間、火難に一度も見舞われることなく現存する古文書、及び寺宝によって伝統を今日に伝えるが、『東春日井群誌』には、妙蔵寺の歴史の裏付けとなる寺宝と什物たる古文書に記された内容とは、大きく異なった内容で史実が書き替えられている。 ...
  • 同大学院文学研究科史学専修修士課程に入学すると荻野三七彦から古文書学の指導を受け、山梨県に現存する古文書を採集し『新編甲州古文書』として編纂する。 ...