獅子奮迅の勢い

10 の例文 (0.00 秒)
  • 荒獅子の名に背かぬ殿の死闘ぶりは、まこと獅子奮迅の勢いでござった。 ...
  • 彼はまたこれがために、今やドイツ人の暴虐を懲罰せんがため、獅子奮迅ししふんじんの勢いをもって軍国の大事に当たりつつある。 ...
  • 敗色が濃いことは、緑色人は百も承知していたが、それでも大きなソートに打ちまたがり、獅子奮迅ふんじんの勢いで戦っていた。 ...
  • わたしは長剣を獅子奮迅ししふんじんの勢いでふり回した。 ...
  • が、わたしは全身全霊をあげ、プリンセスの防御に獅子奮迅ふんじんの勢いで戦ったから、このぶんでいけば彼らをまったく独力で倒せただろうと思う。 ...
  • 獅子奮迅の勢いで奮戦していた麻打ちの爺さんは、可哀そうに壁際に押しつけられ、大勢の者にぎゅうぎゅう押されて、とうとう息がつまりそうになってしまった。 ...
  • 次弟の熊次郎と、今年十になる三弟の熊三郎が連れ立って見にくることもあったが、寡黙な熊次郎は何も言わず、熊三郎は、異様な風体の兄が獅子奮迅の勢いで蔵の中をとびまわるのを、おびえた眼で眺めるだけだった。 ...
  • テリーは、目を皿に釘づけにして、獅子奮迅ししふんじんの勢いで箸をあやつり、気違いのように料理をむさぼり食いながら、小さな、愛らしい褐色の耳を選挙の晩の赤い花火のようにまっ赤にもえ上らせていた。
  • 獅子奮迅ししふんじんの勢いで暴れまくる。 ...