獅子奮迅の働き

38 の例文 (0.00 秒)
  • 五人の女を相手に獅子奮迅ししふんじんの働きをしていた男とは思われない。 ...
  • 女形の心得を失わずに獅子奮迅の働きをするところにこの役の難しさがある。 ...
  • 彼らは豪勇無双の四本腕の指揮官とともに、獅子奮迅の働きを見せた。 ...
  • いい木を安く手に入れるため、獅子奮迅ししふんじんの働きをするのだ。 ...
  • 緑色人戦士は、そのすきにわたしのそばへかけつけて、右に左に獅子奮迅ししふんじんの働きをした。 ...
  • 昼間の戦で獅子奮迅ししふんじんの働きをしたあかしである。 ...
  • 南皮の戦いでは、袁軍は獅子奮迅の働きをみせ、さすがの曹操軍もたじたじとなった。
  • 戦いに敗れたことがなく、兵の先頭に立って獅子奮迅の働きをする勇猛さが、彼等に尊崇の念を抱かせていた。 ...
  • 同じときに当選した小沢一郎とともに羽田は田中を支える青年将校として獅子奮迅の働きをするようになる。 ...
  • 女が安宅で獅子奮迅ししふんじんの働きを見せている。 ...
  • 参陣を許された嘉一郎は、その後の戦を常に先駆け、まさに獅子奮迅の働きぶりであったと、父は申しておりました。 ...
  • この牛久保城の攻防戦で、真木越中守が獅子奮迅の働きをして討ち死にした。 ...
  • 増田は獅子奮迅ししふんじんの働きで廣部を守り抜いたといわれる。 ...
  • 高柳の獅子奮迅の働きで、ビクターはソニーに次ぐ地位を築いた。 ...
  • 彼女は夫のために獅子奮迅ししふんじんの働きをして、しゃにむに書きまくり、金を貢ごうとしたが、駄目であった。 ...
  • 国内にあってはワンマン体制を固めつつあり、「大倉屋」のころから独力で獅子奮迅の働きをしてきた彼だが、その周辺には片腕的な存在の重要人物が見当たらない。 ...
  • ボン太くんは獅子奮迅ししふんじんの働きを見せ、柴田たちをたたきのめした。 ...
  • 次へ