獅子奮迅

全て 名詞
175 の例文 (0.02 秒)
  • しばらくは祖母の手があったけれど、父は文字通り獅子奮迅ししふんじんの活躍だった。 ...
  • その夜は結局、二人を同時に相手しての獅子奮迅の大活躍となる。
  • 五人の女を相手に獅子奮迅ししふんじんの働きをしていた男とは思われない。 ...
  • 女形の心得を失わずに獅子奮迅の働きをするところにこの役の難しさがある。 ...
  • しかしともかく獅子奮迅ししふんじんの印象を与えたのは確実である。 ...
  • さて、そのころタバサはドゥードゥーと獅子奮迅ししふんじんの戦いを繰り広げていた。 ...
  • ああ、みんなにも見せたかったな僕の獅子奮迅ししふんじんの大活躍を。 ...
  • 大坂の陣が始まると次男の殿さんは十人の家来衆を引連れて獅子奮迅ししふんじんの大活躍。 ...
  • 彼らは豪勇無双の四本腕の指揮官とともに、獅子奮迅の働きを見せた。 ...
  • いざとなれば鷹野さんのために獅子奮迅の活躍をしてくれるよ。 ...
  • 新たな大陸を舞台に、ふたたびスパーホークたち一行が獅子奮迅の大活躍を見せることになります。 ...
  • そこで獅子奮迅の戦いを見せるも、致命傷となる深手を負ってしまう。 ...
  • いい木を安く手に入れるため、獅子奮迅ししふんじんの働きをするのだ。 ...
  • しかし、さすがの彼女も、そのような超人的な獅子奮迅ぶりを一年も続けるわけにはいかない。 ...
  • 荒獅子の名に背かぬ殿の死闘ぶりは、まこと獅子奮迅の勢いでござった。 ...
  • 緑色人戦士は、そのすきにわたしのそばへかけつけて、右に左に獅子奮迅ししふんじんの働きをした。 ...
  • あとは「虎の心」の自由な獅子奮迅ししふんじんの働きをまつだけである。 ...
  • 次へ