独擅場

119 の例文 (0.01 秒)
  • これに参加するために入学する者も多く、その性質から電気・電子・機械系の独擅場である。 ...
  • ギリシャ語詩・ラテン語詩の領域はほとんど彼の独擅場であった。 ...
  • 昭和初期の日本国内は、GMのシボレー車とフォード車の独擅場だった。 ...
  • またそれまでイスラム商人の独擅場であった海洋航路にも宋商人が進出する。 ...
  • ここからがいよいよ恩田木工の独擅場どくせんじようなので、全文を引用してみよう。 ...
  • スエズ運河一帯はほとんど無風であるため、蒸気船の独擅場だったのである。 ...
  • この手の話なら彼の独擅場どくせんじようである。
  • レースではゼニヤッタの独擅場となり、最後に着差を縮めることが精一杯であった。 ...
  • 特に中・高出力型の電柱頂上へアンテナ設置するタイプはアステルの独擅場であった。 ...
  • しかも今度は為兼が失脚したので為世の独擅場である。 ...
  • この後何年間かは、女子800mはムトラの独擅場となった。 ...
  • 決勝のレースは、アメリカ選手の独擅場となる。 ...
  • これからが彼の独擅場どくせんじようであった。 ...
  • 従って三菱などの関り知るところでなく、最初から鈴木商店の独擅場どくせんじようであった。
  • その分、この話の主人公およびその他の脇役の活躍は少なく、特にルパン登場以降はルパンの独擅場となっている。 ...
  • むしろ民間大型貨物機部門ではこれに対抗する他社の新型機は存在しないため、ボーイング社の独擅場となる可能性が高い。 ...
  • この結果、完全に今文経学の伝承は途絶え、儒学は古文学の独擅場となった。 ...
  • さらに渋谷が引退すると独擅場の強さを誇るようになり、特別競輪を15回制覇。 ...
  • 阪神バスとは競合する運行区間が多かったが、阪神はかつてよりも市内での運行規模を縮減しており、特に市内を南北に縦貫する路線は阪急の独擅場となっている。 ...
  • 何といってもここは故人圓右の独擅場で、無気味な中にもこみ上げてくる何ともいえないその可笑しさ。 ...
  • しかし高村が大量訳詩を行った頃には詩壇の熱も冷めており、昭和に入ると事実上訳詩は高村の独擅場となった。 ...
  • 近年 Xerox の独擅場だった市場に、プリンター業界各社が参入している。 ...
  • しかし、新しい好みの釉薬となると、これはいつもながら、あなたの独擅場だけあって、うまいものですね。 ...
  • 口語や童謡歌詞を自在に用いたみぶりは利玄の独擅場どくせんじようだった。 ...
  • 航行する船もなく、遊泳者もいない海域は、ジェットスキーの独擅場どくせんじようである。 ...
  • 如何なる環境に処しても、胸中一味の涼風を感ずるこの心境は日本人の独擅場でありました。 ...
  • 昭和初期の日本国内の中型車市場は、GMのシボレー車とフォード車の独擅場だった。 ...
  • 極く初期の頃を除けばその発達は書と同じく文人の手中にあったといっても過言ではなく、その芸術性を求める篆刻においては当然文人の独擅場であった。 ...
  • 次のページ