片言の日本語

80 の例文 (0.00 秒)
  • 日本でのライブで挨拶する際の片言の日本語は、彼に教えてもらったもの。 ...
  • 飲んでるところに、カタコトの日本語を話す中国人風の三人が入ってきた。 ...
  • 英語じゃなく、いかにも外国人が覚え立ての言葉を口にしているような片言の日本語で話すべきだったんだ。 ...
  • 片言の日本語ができる、フランス人の女の子を紹介してもくれた。 ...
  • 彼はさらに片言かたことの日本語で、こんな意味のことを云った。 ...
  • 彼女は弱々しい片言の日本語でしきりに卵をゆずってくれないかと頼んでいる。 ...
  • カタコトの日本語で、野菜行商の日系人は、町の様子など聞かせてくれた。 ...
  • それに、まだ日本へ来たてだつていふんだけど、誰に教はつたか、片言かたことの日本語を時々使ふの。 ...
  • 王府に飛び交う片言の日本語は薩摩の二重帝国実現の足がかりに思えた。 ...
  • 電車の中で言葉が通じなくて困っていると、一人の馬来マライ人が寄ってきて、片言の日本語で通訳してくれたこともあった。 ...
  • この時は、口調が片言の日本語となっていた。 ...
  • 幼少期は父母が話すロシア語と、カタコトの日本語しかできなかった。 ...
  • ホテルの従業員のなかにも、片言の日本語をしゃべるのがいる。 ...
  • 彼女らは客のいない時はお互いに福建語でしゃべっていて、客とはカタコトの日本語と英語で話した。 ...
  • 登場人物のせりふは片言の日本語となっており、英語の字幕が画面下部に表示される形となっている。 ...
  • ぼくが片言の日本語で君に説明するふりをするから、君はそれを聞いてもう一度、鷹揚にうなずけばそれでよい。 ...
  • 子どものころから見慣れた景色だったのに、カタコトの日本語でうるさいくらい声をかけてきた女たちがひとりもいなくなっている。 ...
  • 次へ