熱をあげる

30 の例文 (0.02 秒)
  • 物体間で仕事を通じて移動する以外のエネルギーの移動形態を熱という。 ...
  • 熱を吸収することを利用した黒色のフォイルが、料理に使用されている。 ...
  • しかし、その単純な対立構図はより理由が鮮明になり熱を帯びていった。 ...
  • その他の地域ではマントルの熱を直接利用することはほとんど不可能。 ...
  • 水の雲は惑星内部から供給される熱を受けて、雷のエネルギーを蓄積する。 ...
  • 全空気方式は、熱輸送に空気のみを用いるもので中央式の代表的なものである。 ...
  • 過去、熱に関してはその源として熱素なるものの存在が信じられていた。 ...
  • 電力を表示しているワットが、光や熱の単位のように扱われることがある。 ...
  • かつては温度と熱の概念の区別が明確にされていなかった。 ...
  • 逆に火の勢いが強くなると、周囲のものが熱などによって影響を受けやすい。 ...
  • そのため強い熱と濃い煙に妨げられ、救助隊員たちの救出活動は遅れた。 ...
  • 前者は太陽であり、後者はその熱と光を受ける月に例えられている。 ...
  • 熱がこもっていたのは明らかで、わずか44日ほどで完成をみている。 ...
  • 一方では、船の推進の摩擦による熱が発生し、船の周りに温水ができる。 ...
  • 放出するエネルギーは熱だけでなく、光、電気などの形をとる場合もある。 ...
  • この生石灰に水を加えると熱を発しながら水酸化カルシウムを生成する。 ...
  • この事件はしばらく状況を平穏にし、信仰熱の一時的な高揚につながった。 ...
  • このとき、蒸発に必要な気化熱は全てその空気塊から奪われるものとする。 ...
  • これを直接塩素化法と同様に熱分解すればクロロエチレンが得られる。 ...
  • このようなことから、木星は内部から熱を発していると考えられる。 ...
  • 熱が移動しないようにすれば、吸熱反応により系の温度は低下する。 ...
  • そして現在では熱は運動であるとされており、カロリック説は否定されている。 ...
  • 全身が毛に覆われているため、体表に汗をかいても熱が逃げにくいためとされる。 ...
  • 特に、力学系からエネルギーが失われて熱へと変化する現象は多い。 ...
  • 温度と熱の違いに初めて気が付いたのはジョゼフ・ブラックであると考えられている。 ...
  • 反応によっては熱でなく電気などの形でエネルギーを与えることで進行するものもある。 ...
  • この熱が紫外線によって生じるにはあまりにも太陽から離れている。 ...
  • 外部から熱が入ったり出て行かないように断熱容器になっている。 ...