熊野参詣

74 の例文 (0.00 秒)
  • 那智参詣曼荼羅が盛んに作製された戦国時代から近世初期にかけての時代、熊野参詣という長期の旅が可能な条件を具備することが出来た民衆はごく少数であった。 ...
  • それに対し、上皇の熊野参詣は鎌倉時代に途絶えた一時的・一回的な歴史上の出来事である。 ...
  • 滋子の熊野参詣はこの時を含めて、記録上4回確認できる。 ...
  • 熊野参詣が盛んになる以前、平安遷都の直後に官道としての南海道のルートが雄ノ山峠越えに変更されており、紀泉国境の主要ルートとして古い歴史を有する。 ...
  • 源頼朝の妻・北条政子も鎌倉から上洛する機会を利用して、熊野参詣を2回行っている。 ...
  • また、成立時期も古くても南北朝期以降のものであるほか、皇族の熊野参詣との関連もなく、九十九王子には含めない。 ...
  • 地元では今日でも美人王子の名で呼ばれ、美人王子の名の由来として、祭神の大日孁貴神の神像が美人であるからという説、白河院が熊野参詣の途上で歌会を催したことに見られるような景勝地であるからという説などがある。 ...
  • 院政期には熊野古道の難所の一つとして知られ、熊野参詣記にたびたび登場する。
  • 平治の乱が勃発した平治元年12月9日、清盛は熊野参詣のため紀伊国にいた。 ...
  • 熊野参詣で京を離れる清盛の留守中を狙ってひそかに挙兵しなければならず、また当初、信頼らは清盛が敵に回るとは考えなかったために少数の兵で挙兵したが、義朝は東国にいる義平に援軍を要請した。 ...
  • 当地は四天王寺と住吉大社のほぼ中間の位置にあり、熊野参詣の街道・熊野街道筋にあたることから、やがて当社に王子社が祀られるようになった。 ...
  • しかし、中世熊野参詣期の所在地は、社家をつとめた出口氏邸のあった春日山の西麓だったと伝えられる。 ...
  • 平安時代以降には、神倉山を拠点として修行する修験者が集うようになり、熊野参詣記にもいく度かその名が登場する。 ...
  • 盛遠は鎌倉幕府の御家人であったが、後に熊野参詣の折に後鳥羽上皇の知遇を得て西面武士として仕えた。 ...
  • 本来は沿道住人の祀る雑多な在地の神々である諸社を王子と認定したのは、熊野参詣を主導する先達たちである。 ...
  • この結果、熊野参詣熱が増々高まっていったという。 ...
  • 大雲取越えの宿での滞在の間の記述に、山中での不自由な生活の様子が描写されるなど興味深い点が多く、「内容豊富で、異色に富み、とくに民俗関係資料に見るべきものが少なくない」 点で近世の熊野参詣記として際立ったものである。 ...
  • 次へ