煩悩障

全て 名詞
7 の例文 (0.00 秒)
  • それは、世間を超越した認識であり、煩悩障・所知障の二種の障害を根絶することによって、阿頼耶識が変化を起こす。 ...
  • 障礙は、仏教用語として煩悩障など心を覆い隠し悟りを妨げている要素を指して用いられたことから、邪魔するなどといった意味で使われ、明治時代にはしょうがいと読まれるようになった。 ...
  • いずれも人びとが湟槃ねはんの境地に至るのを妨げる障碍となるものでね、煩悩障というのは種々雑多な妄念を指し、これは男性に譬えて強く踏み、所智障というのは正しい教えを理解できないという無知を指し、これは女性に譬えて軽く踏むという訳だ。
  • 仏教用語で、障碍とは、煩悩障と所知障の2つであり、心を覆い隠し悟りを妨げている2つの要素を意味する。 ...
  • 大天曰く、阿羅漢は煩悩障の疑惑は已に断ずと雖もなお世間的の疑惑ありと、是れ第三の悪見なり。 ...
  • 煩悩障眼雖不見ぼんのうしょうげんすいふけん ...