煩悩児

3 の例文 (0.00 秒)
  • 人はそうも見ようが、彼は由来、煩悩児ぼんのうじである。 ...
  • 元来が、煩悩児ぼんのうじであり、情痴においては、自分を制御せいぎょしたり、かくせない一面を、生れながら持っている大凡人だいぼんじんである。 ...
  • 呂布も、煩悩児ぼんのうじであった。 ...