煩悩

全て 名詞
1,099 の例文 (0.00 秒)
  • 自己が自己を語ろうとすることそのことがすでに一つの煩悩ではないか。 ...
  • 釈迦のような偉人でも修行中は性の煩悩に負けそうになったではないか。 ...
  • しかし彼女から「恋」という煩悩を取り上げたのは、他ならぬ私なのだ。 ...
  • 百八とは仏教で言う煩悩の数でもあり、除夜の鐘で突かれる数でもある。 ...
  • 竹を一本切り倒すごとに、煩悩が一つずつ蒸発していくような気がした。 ...
  • なんとなく、彼女の脳裏のうりでは変な煩悩ぼんのう大爆発だいばくはつしているように見えた。
  • 煩悩に迷う女を救済することも仏教の教えではないか、と私は思った。 ...
  • ゆき子は生きてゐるかぎり、煩悩ぼんなうは人の心に嵐を呼ぶものだと悟つた。 ...
  • おれの限界のぎりぎりまで自分の煩悩ぼんのうと戦っている、昨日の夜からずっとだ。
  • これは、煩悩を捨てずして仏になる道があるということである。 ...
  • 煩悩の汚れを落とすのは大事なことだが、濯ぎこそもっと大事なのである。 ...
  • 煩悩の具わらざることのない自己がいかにして自己の真実を語り得るのであるか。 ...
  • そう思うと心の中の煩悩ぼんのうに満ちたドラム活動が急速きゅうそくおさまってきた。 ...
  • 煩悩ぼんのうの塊だが、何気に純真さも持つ才人はそんな風に思っていたのだった。 ...
  • ほんのかりそめの煩悩であるが今のうちに一寸でも昔に還って見たい。 ...
  • よかお経ばあげてもろて、写真ども眺めよったらぼんのうの湧いてならん。 ...
  • 彼にとって忘れることのできない、「煩悩」の語を冠した賊ではないか。
  • 次へ
    アマゾンで検索:煩悩