無益な殺生

33 の例文 (0.00 秒)
  • したがって、試合などで無益な殺生をすることは厳重に戒められた。 ...
  • 海賊ではあるが強い者との戦いこそがアルゴの目的であり、無益な殺生は行わない主義であった。 ...
  • かぞへると數十匹になるが、無益な殺生をしたなんて氣は少しも起らなかつた。
  • わたしは無益な殺生をしたくなかったので、彼らが友好的であることがわかればいいと望んだ。 ...
  • 男は腹を立てて無益な殺生せっしょうをするだろう。 ...
  • 無益な殺生はしたくないのですがね。 ...
  • 君が手首さえ返してくれれば無益な殺生はしたくない。
  • 無益な殺生は好まないが、任務遂行のためには子供ですら利用する冷徹さも持ち合わせている。 ...
  • 腹さえクチていれば、動物は無益な殺生などしない。 ...
  • われわれだって無益な殺生はしたくない。 ...
  • 貴方たちは無益な殺生が嫌なのでしょう? ...
  • これにこりたら、無益むえき殺生せっしょうはするんじゃないぞ。 ...
  • わしも無益な殺生せっしょうきらいでな。 ...
  • 彼が追いはぎの宇宙服と備品を売りはらったのは、無益な殺生せっしょうを最小限にくいとめるためにわざとやったことだった。 ...
  • 釣りにおいてその漁獲目的が魚の商業利用や自家消費でなく純然たる遊漁である場合、無益な殺生を避け、また生物資源の保護という観点から釣った魚をその場で水に戻すことが望ましいとされた。 ...
  • この、みずからを神とする悪魔の種族に対しては、さしたる愛情を抱く理由はなかったが、それでも、なるべくなら無益な殺生はせずに通過したかったのである。 ...
  • この仲間ができて、動き出せば、教員のほうの認識も深まり、無益な殺生を慎むようになるだろう。 ...
  • 次へ