無味乾燥

全て 名詞
398 の例文 (0.00 秒)
  • この無味乾燥な現実の中で生の瞬間を味わえるだけでもよいではないか。 ...
  • このとき私には、おのれの誠実さがただの無味乾燥とも見えるのである。 ...
  • ことに現地がどんなに暑い無味乾燥な土地かということがわかったら。 ...
  • やがて、長い無味乾燥な灰色の時間のほかには、何も見えなくなった。 ...
  • 彼にとって、無味乾燥な机に向かってのサラリーマン生活がつづいていた。 ...
  • よし俺のナイス・ジョークでこの無味乾燥の 空気を笑いに染めてやる。
  • 無味乾燥な現実の中で、ただ一人、恭介に夢を見せてくれたあの人が。 ...
  • 無味乾燥な解説書と違って、まるで自分がその場にいるような臨場感がある。 ...
  • 学力のある人もいたが、無味乾燥で生徒を感激させるものがないのだ。 ...
  • あまりにも無味乾燥すぎて、人を馬鹿にしているみたいに感じた。 ...
  • 歴史書が無味乾燥で、何かもの足りないのはそのためではないのか。 ...
  • なんて無味乾燥な話だろうと思ったけど、驚いたことに、その通りだったのよ。 ...
  • あの無味乾燥な数字の羅列を見ると頭が痛くなる、という人さえいる。 ...
  • 無味乾燥なアナウンサーの声がラジオから流れ、温子は車内に目を戻した。 ...
  • 奥には、やはりツルリとした無味乾燥かんそうな通路が、まっすぐ伸びている。 ...
  • 壁にも窓の類は殆ど無く無味乾燥とした印象が強い。 ...
  • 私はなるべく無視して無味乾燥な文を重ねていったが、だんだんと不安に襲われた。 ...
  • 次へ