激しい悪寒

16 の例文 (0.00 秒)
  • 激しい悪寒がして熱が出た。 ...
  • 足を踏み出そうとした刹那、これまでにない激しい悪寒が、背中を走り抜けたからだ。 ...
  • いつもそうだが、まず激しい悪寒に襲われる。 ...
  • ところが、おりから戸外おもてでは温度がたいへん変わったので、大臣ワジールは激しい悪寒を覚え、そのまま倒れて、床につかなければならないことになりました。 ...
  • 頭のしんきりでも刺されたように痛み、激しい悪寒と吐き気に意識がとぎれそうになった。 ...
  • 「ぼくたちお休みなんだよ、ジュリアンさんが旅行に行ったんだもの」 この言葉を聞くと、ド・レナル夫人は激しい悪寒おかんに襲われた。 ...
  • 信頼するトレーナーにだけに味見をさせるが、飲み過ぎると胃もたれや腹痛、激しい悪寒を起こすので注意が必要。 ...
  • はじめ彼は、激しい悪寒おかん嘔吐おうとを感じた。 ...
  • 青鹿は、氷水でも全身に浴びたように冷汗にまみれ、鳥肌立ち、激しい悪寒に震えつづけた。 ...
  • 天野の背にも、激しい悪寒が走った。
  • ある日、穴のふちにかかった、一とかかえほどもありそうな灰白色の月を正面に見て、小便の最中、とつぜん男は激しい悪寒おかんにおそわれた。 ...
  • 激しい悪寒に襲われるピーターだったが、翌朝目覚めるとその体には驚異的な視力と体力が備わっていた。 ...
  • てつく風に吹かれて全身は紫色になり、激しい悪寒のなかで娘は泣きさけぶが、両側から男たちに押さえつけられて、身動きすることもできない。 ...
  • 波のように繰り返し身体をとらえてふるわせる激しい悪寒戦慄せんりつが、やがて、少しずつ静まって行くのと入れ替わりに、どんどん熱が上がりはじめた。 ...
  • てつく風に吹かれて全身は紫色になり、激しい悪寒おかんのなかで、娘は泣き叫びますが、両側から男たちに押さえつけられて、身動きすることも出来ません。 ...