激しい嗚咽

18 の例文 (0.00 秒)
  • 激しい嗚咽おえつのためになにかを訴えたくとも言葉にならない様子である。 ...
  • それはすぐに堪えようとしても堪えきれない、激しい嗚咽おえつに変わったのである。 ...
  • 喉をのけぞらせ、激しく嗚咽する三上くんに、心葉先輩が前と同じ質問をする。 ...
  • すべての制御を失って彼は激しく嗚咽した。 ...
  • タツの肥え太った膝につっぷして、誰も見たことがないほど激しく嗚咽おえつしたという。 ...
  • それは号泣と称してよい激しい嗚咽おえつのほとばしりだった。
  • 首長は激しく嗚咽し、娘の犠牲が無駄でなかったのなら何かサインを送れと部族主神に叫んだ。 ...
  • その足の臭さを嗅いだひろしは今までの人生を思い出し、激しく嗚咽して記憶や正気を取り戻した。 ...
  • 不意に、激しい嗚咽が口をついて溢れ出た。 ...
  • 嗚咽おえつを部屋の外に漏れないように抑えているので、感情が内攻して、いっそう激しい嗚咽を誘い出している。 ...
  • 激しい嗚咽おえつが肩を震わせて、いつまでも続いた。 ...
  • それは祖父の囲っていた女たちで、激しく嗚咽おえつする女たちの姿を見ていると、鉄平も同じように涙を流し、喪主としてまくらもとに坐っていた父の大介も眼をうるませたが、なぜか母の寧子だけは涙一滴見せず、凍りついたように動かない視線で、祖父の死顔を見詰めていた。 ...
  • 孝子は、呆然として、死体を見下していたが、そのうちに、ホームにひざをついて、激しく嗚咽おえつしはじめた。 ...
  • 作業員たちの叫ぶ声が次第に静まり、船台一杯に激しい嗚咽おえつ潮騒しおさいのように起っていた。 ...
  • 小柄な母親は、死体を見たとたんに、わッと、すがりついて、激しく嗚咽おえつし始めた。 ...
  • 激しく嗚咽して苦悶するナシエラが、この上、アストロッドの許されぬ裏切りに気づいたのは不幸としか 言いようがなかった。 ...
  • すすり泣きは、やがてはげしい嗚咽おえつに変って、祥子はけ出した。 ...