渡した神器

8 の例文 (0.00 秒)
  • たとえば、喜田は南朝から北朝に渡した神器が真正だとは必ずしも云っていない。 ...
  • 実際は、北朝に渡した神器は真正だったかもしれない。 ...
  • 後醍醐帝は12月に京都を脱出して吉野へ逃れて吉野朝廷を成立させると、先に光明天皇に渡した神器は偽器であり自分が正統な天皇であると宣言する。 ...
  • 後醍醐天皇は京都を脱出して吉野へ逃れて朝廷を開き、光明天皇に渡した神器は偽物であると主張し、南北朝が成立する。 ...
  • 廃帝後醍醐は幽閉されていた花山院を脱出し、尊氏に渡した神器は贋物であるとして、吉野に自ら主宰する朝廷を開き、京都朝廷と吉野朝廷が並立する南北朝時代が始まる。 ...
  • だが、後醍醐天皇は京都を脱出して奈良の吉野へ逃れ、「北朝に渡した神器は贋物であり光明天皇の皇位は正統ではない」と主張して吉野に南朝を開き、北陸や九州など各地へ自らの皇子を奉じさせて派遣した。 ...
  • 足利尊氏は後醍醐天皇の建武の新政に離反し、1336年に光明天皇の北朝を立てて京都に室町幕府を開くが、後醍醐天皇は、北朝に渡した神器は贋物であるとして自己の皇位の正統性を主張し、吉野に南朝を開き南北朝時代が始まる。 ...