深山幽谷

全て 名詞
147 の例文 (0.00 秒)
  • 決して地上には下りず、深山幽谷を自らの世界として生きる一族のことである。 ...
  • といっても、深山幽谷って感じの山の中を連想してもらったら困っちゃう。 ...
  • そこから東へ少し行ったところにムオタタル渓谷けいこくという深山幽谷の地あり。 ...
  • だが、国を造るということは本当の深山幽谷しんざんゆうこくを作ることなんじゃないのだろうか。 ...
  • それはまるで深山幽谷しんざんゆうこくのように静かな春の夕方だった。 ...
  • 一座はシーンと静まりかえって、深山幽谷しんざんゆうこくにあるのと何の選ぶところもない。
  • このときは、深山幽谷に分け入ったような気がして狼狽した。 ...
  • 人跡稀な深山幽谷というのは現在の日本からは消失している。 ...
  • どこか深山幽谷へでも分け入ったようだ。 ...
  • それを深山幽谷先生がひろいあげたということだが、幽谷先生も一応先輩の礼をとっている。 ...
  • その凄絶せいぜつ美貌びぼう深山幽谷しんざんゆうこくただよきりの様な雰囲気に気圧けおされていた。 ...
  • 何百年か前に、すでに深山幽谷を歩き廻ってスケッチしていた日本画家がいたのであろう。 ...
  • 深山幽谷は言い過ぎかもしれないが、子どもの眼にはそう映った。 ...
  • 隆中は深山幽谷などではなく、隠遁隠逸の類の棲み家にしては里や城に近すぎる。 ...
  • この辺りはそれ程高い山ではないように記憶していたが、雰囲気だけはまるで深山幽谷の様相を呈し始めていた。 ...
  • おそらく若き日には深山幽谷しんざんゆうこくに分け入って滝に打たれるなどの荒行あらぎようを積んだのではないかと思われるほどの強い心をもった高潔な人物だ。 ...
  • 彼の声は如何にも深山幽谷の気分をもたらすに充分である。 ...
  • 次へ