海千山千の女

7 の例文 (0.00 秒)
  • そのくせ、男あしらいにかけては海千山千の女たちも手を出さない。 ...
  • あれが、海千山千うみせんやませんの女だったら、私は、一度で、めてしまったろうと思います。 ...
  • それに、このフォーセット博士は、海千山千の女でさえ手を焼くような男なのですからね。 ...
  • 川島は最初にその話を聞いた時から、海千山千の女に言いくるめられただけではないか、と疑っていたのだから。 ...
  • 相手は水商売のプロだろう、海千山千の女にうまいこと言いくるめられただけなんじゃないか?
  • 大らかで物怖ものおじしない御令嬢の外面の下に、一刻一刻自分の位置を見定める冷徹な観察眼を持つマーセナス家の長女は、三十路みそじを前にしてすでに海千山千の女主人の風格だった。 ...