海千山千の商人

5 の例文 (0.00 秒)
  • そこには海千山千うみせんやませんの商人が何人もつどい、そんな連中を束ねる人間がいる。 ...
  • 酒場で働く女の子の機嫌を取ったり、海千山千の商人を相手に値引きの交渉をしているのだから。 ...
  • 口先一つで軽く海千山千うみせんやませんの商人を手玉に取ってしまうとなりオオカミも少しは見習って欲しいものだと、つい思ってしまう。 ...
  • 「お楽しみのところ大変申し訳ありません」 周りの談笑よりもやや小さいくらいのひかえめな声でそう言うと、海千山千うみせんやませんの商人たちはロレンスが一体だれに用があって来たのか即座そくざに見いたらしい。 ...
  • 伝説の生き物であるイッカクが漁師のあみにかかったことにより、その高価な生ける伝説をめぐって海千山千うみせんやませんの商人たちがしのぎをけずっていたのだ。 ...