海千山千

全て 名詞
187 の例文 (0.00 秒)
  • それこそ海千山千のプロも顔負けの小娘を、あたしは何人も知ってます。 ...
  • そこには海千山千うみせんやませんの商人が何人もつどい、そんな連中を束ねる人間がいる。 ...
  • 彼が海千山千のしたたか者であることは、ひろく世間にも知られていた。 ...
  • これはモスカ伯爵派と対立する一派の頭に立つ海千山千の策謀家だった。 ...
  • それが、男はみんなろくでもないめにあい、女は海千山千うみせんやませんになってしもた。 ...
  • だが海千山千のしたたか者であるから、その程度の演技は軽いだろう。
  • こんな海千山千の連中相手に、たった一七の小娘が渡りあえるのだろうか。 ...
  • そのくせ、男あしらいにかけては海千山千の女たちも手を出さない。 ...
  • 海千山千とまではいかなくとも、五百年ぐらいのネウチはたしかにある。 ...
  • 海千山千のゴミ取り屋にたばになってかかられては、防ぎがつきますまい。 ...
  • これを聞いた時には流石さすがに海千山千の吾輩も、尻に帆を上げかけたね。 ...
  • しかし、むこうは海千山千、何百あるいは何千人と手がけてきたわけだろう。 ...
  • 商売人は年期を入れ資本を入れ、海千山千の苦労を積んでいるのである。 ...
  • 商売人は年期を入れ資本を入れ、海千山千の苦労を積んでゐるのである。 ...
  • でもあなたや私なんか海千山千だからいいけれど、こちらお気の毒でしたわね。
  • こういうところには、気っぷのいい海千山千の愉快なのがいるもんだ。 ...
  • どんな海千山千の男子に対しても、彼女は一歩もヒケをとらない。 ...
  • 次へ