海人集団

13 の例文 (0.00 秒)
  • ことに播磨国の海人集団の長である播磨直とは、代々親交があった。 ...
  • さらに言えば、淡路島の海人集団とのつながりや、野見宿禰伝承との関連をも見て行く必要がある。 ...
  • 倭直の祖である倭吾子籠もこの時に離叛しようとしており、彼と淡路島の海人集団との繋がりもみてゆく必要がある。 ...
  • このように、5世紀末には、淡路島が出雲と大和を結ぶ交通の結節地点であり、淡路の海人集団が対朝鮮貿易で重要な役割を果たしていたと推定されている。 ...
  • 王権は、海人集団を部民に編成する海部の設定を進めた。 ...
  • 以上のように、吾子籠伝承における倭直と出雲勢力、淡路島の海人集団との関係は、何らかの史実を伝えており、それらが倭吾子籠という一人物に集約されて結びつけられた可能性が高いといえる。 ...
  • 比羅夫の本貫地は河内だが、阿曇達の遠祖は、筑紫や淡路島を本貫地とする海人集団だった。 ...
  • 前述の物語に頻繁に現れるのは淡路島の海人集団で、淤宇宿禰が韓国から吾子籠を迎えに行った際にも海人集団の水手が活躍しており、住吉仲皇子の伝承でも、阿曇連浜子に率いられて、「淡路の野嶋の海人」が暗躍している。 ...
  • 古くから中国や朝鮮半島とも交易などを通じた奴国の王族であったとされ、神武東征後に最初の本拠地である北部九州の福岡志賀島一帯から離れ、畿内へ進出した後に、摂津国西成郡安曇江を根拠地として、全国の海人集団・海部を管掌する伴造の地位を得たとされる。 ...
  • 前代の額田大中彦皇子の伝承で、出雲臣の祖である淤宇宿禰が韓国から吾子籠を迎えに行った際にも海人集団の水手が活躍しており、住吉仲皇子の伝承でも浜子に率いられて、「淡路の野嶋の海人」が暗躍している。 ...
  • その後、応神天皇の子である仁徳天皇崩御後に、阿曇氏の浜子は淡路島の海人集団を活用し、住吉仲皇子を担ぎだしてクーデターを起こすことになる。 ...
  • 阿曇氏の読み「アズミ/アヅミ」もまた「アマツミ」の略とも見られるように、この神を奉斎する阿曇氏は海人集団を管掌する伴造氏族であった。 ...