海人部

全て 名詞
33 の例文 (0.00 秒)
  • 海人部の風習も、これらと同じものであったことが推測される。 ...
  • 各地の海人部・阿曇部を統率し、各地の海人を率いて、大王に奉仕した。 ...
  • 海人部の民の中の、小・中宗家など言ふべき家の中からも、宮廷の官司の馳使丁が出ました。 ...
  • 海人は、安曇アヅミ氏の管轄で、安曇氏は海人部の族長ではない事を主張して居ます。 ...
  • 「天語り歌」とあるが、即、海人部の物語りの歌、安曇氏の歌である。 ...
  • 海人部を水軍としても編成しており、厚見・渥美・安積などの地名は、阿曇氏に由来するという。 ...
  • それでよくわかったが、しかし「海人部族」ということばには、なおもちょっと釈然としないものがある。 ...
  • 古代ヤマト政権の時代には、日本の水軍を支えたのは安曇部や海人部、津守氏といった海の氏族たちであった。 ...
  • 海人部を管掌していた阿曇連氏は、天武天皇13年に八色の姓が制定されたことにより、宿禰の姓を得ている。 ...
  • 当初は九州の海人の長であったが、大和政権に帰属した段階で、摂津国安曇江に拠点を移し、海人部を統率する伴造の地位についたものと思われる。 ...
  • 海人部が、海祇ワタツミに奉仕して、時には、海の神人の資格に於て、海祇としての行事を摂行する事がありました。 ...
  • これについては、水野氏自身、直接「海人部族」のことを説明したものではないけれども、鳥居竜蔵氏の『日本周囲民族の原始宗教』を引いて書いている。 ...
  • 其が、海人部の民を率ゐてゐる。 ...
  • 「あま」は、古来より漁業や航海などの職業に携わった海人部に由来するとされる。 ...
  • 信濃に、安曇氏を称する海人部の入つたのは、かうした径路を通つたのでありませう。
  • 摂津国西成郡には安曇江の地名もあり、大和政権に服属した段階で、九州の海人の長から摂津国を拠点とする海人部を統率する伴造の地位についたものと思われる。 ...
  • 亀塚古墳に県下最大の座を譲っているが、総量34キログラムという大量の朱が使われているなど、当時としては最高級の豪華葬であったことが判明し、水軍をもつ海人部の歴史を解き明かす上で重要な遺跡と位置づけられ、調査が続けられている。 ...
  • 次へ