海人族

全て 名詞
83 の例文 (0.00 秒)
  • 海人族には様々な仮説があるが研究は進んでいないため明確ではない。 ...
  • この辺りには、湖を利用し湖西からこしの国と交易している海人族がいた。 ...
  • 語源は古代にこの地に移住してきた海人族・安曇氏に由来するという説がある。 ...
  • それを倭にもたらしたのは、中国に渡っていた有明海沿岸の海人族であった。 ...
  • なかには旅人用の舟を所有し、舟賃で生活している海人族などもいる。 ...
  • 三人を出した氏族には海人族の血が流れているのだ。 ...
  • 海人族には、生死の間をくぐり抜けて来た祖先の血が流れている。 ...
  • 海人族の青魚は、遠くの川をぐ舟の音を聴き分けることができる。 ...
  • ほかに海部氏や津守氏も海人族であったとする説がある。 ...
  • ここの海人族がもし紀伊半島へ神武たちを運んで行ったとすれば、那智の辺りへ上陸させたかも知れんな。 ...
  • ただ山人族の方が海人族よりもどこかおおらかだった。 ...
  • 男具那を迎えた水沼尾水みぬまのおみずには、大海原を生命賭いのちがけで渡った海人族の血が流れている。 ...
  • 兵庫県の淡路島では、古代安曇氏の一族など海人族の伝承が残る。 ...
  • 水沼県主を始め支族のおさたちが、男具那の言葉を比較的理解できたのは、海人族として各地と交易しているせいだった。 ...
  • 陸に上がった海人族が稲作を行うようになったことから、このように祖神の神格が変わったのだとも解釈できよう。 ...
  • その場合に、津守氏進出以前には阿曇氏系の海人族による住吉社の奉斎を推測する説もある。 ...
  • 安曇氏とは海人族の一族で、福岡県志賀島の志賀海神社が発祥地とされる。 ...
  • 次へ