海人たち

45 の例文 (0.00 秒)
  • 海人たちがここへきたとき、すでに大家の家族はそういう状態だった。 ...
  • 有明ありあけ海の波は二尺程度で、海人たちにとってはなぎに近い波だった。 ...
  • 海人あまたちが奇妙な動物を救ったという話は聞きおよんでいた。 ...
  • 一度休むとそれが癖になるということ以上に、海人たちにやる気がないと思われるのが嫌だった。 ...
  • こんなことが何度もくり返されるものだから海人たちはほとほと困惑してしまった。 ...
  • 海人あまたちは祝いの貢物を用意して献上するが、どちらも受け取らない。 ...
  • 伽耶かやに来る倭の諸国の海人たちとも話し合うので、男具那の言葉も理解できた。 ...
  • それが海人たち兄妹弟が借りている部屋だった。 ...
  • それぞれに衣服などを与えられた海人たちは生まれてはじめての生きがいを感じたらしかった。 ...
  • 漁から帰った海人あまたちが貝などを届けに寄ったので、源氏は客といる座敷の前へその人々を呼んでみることにした。 ...
  • 家賃滞納でその年の十一月に、海人たちはアパートを追い出された。 ...
  • ホテルには白川中尉一人が入り、海人たちは職員用のパーキングにとめた車のなかで夜を明かした。 ...
  • ある夜、海人たち三人が布団を敷いて寝ようとすると、姉妹がどかどかと入ってきた。 ...
  • それを見て海人たちは歓声をあげた。 ...
  • 海人たちが航海の目印にするのは北極星だが、他の星座の動きも絶えず観察する。 ...
  • 海人たちは笑みを浮かべながら、「下手をしたら死んでいたんじゃないかなあ」と思えるような海での強烈な経験談を語っていた。 ...
  • それでも、雄太はこの漁法を実際に見ることで、海人たちの豪快さに舌を巻いた。 ...
  • 次へ