浅草寺へ参詣

14 の例文 (0.00 秒)
  • このときも西村屋はお小夜をつれてい、浅草寺へ参詣に行った帰りみちだといった。 ...
  • 小笠原家を出ると、虎松は室町の旅籠屋に宿をとり、浅草寺へ参詣さんけいに行った。 ...
  • 浅草へ着くと、まだ夕闇ゆうやみも明るかったので、浅草寺せんそうじ参詣さんけいをし、奥山裏へ出た。 ...
  • 大川橋の袂で舟から上り、広小路へ出てまず雷門を入り金竜山の浅草寺へ参詣をする。 ...
  • おたみも、月に一度や二度は、そうした暇をもらい、浅草寺せんそうじへ参詣に行き、帰りに好物の蕎麦そばを食べて来たりする。 ...
  • 久しぶりに金竜山きんりゅうざん浅草寺せんそうじ参詣さんけいをした三冬は、花川戸はなかわどから山之宿やまのしゅくの道を我が家へ向う。 ...
  • 浅草寺へ参詣さんけいをしましてね、ちょうど昼どきです。 ...
  • ついでに浅草寺へ参詣して本堂から下りて来ると、淡島あわしま神社のむこうで独楽こま廻しが始まっている。 ...
  • 藪入やぶいりの日、開店以来、始めての休みにして、長太郎はおこうと浅草寺せんそうじ参詣さんけいに行った。 ...
  • 「浅草寺の御本堂の観音様の絵馬の前へおき去りにされて居りましたのを、養父母がみつけたそうで、このたび、浅草寺をお訪ねして、坊さまからその場所も教えて頂きました」 高砂屋孝兵衛夫婦は、商用で江戸へ出て来て浅草寺へ参詣に行った。 ...
  • 大川おおかわ川面かわもに陽光がきらめき、浅草寺せんそうじ参詣さんけいに来た人びとが、浅草の外れのこのあたりまで、何気もなく歩を運んでしまうほどの、さわやかな五月晴さつきばれであった。 ...
  • 長助と三人で、のんびり浅草寺へ参詣し、門前町の店をのぞいて少々の買い物をしてから、東吾に教えられた「青柳」へ行くと女主人が丁寧に出迎え、用意した小座敷へ通された。 ...
  • 浅草寺せんそうじへ参詣をすませ、花川戸へ出たお歌は、そこの駕籠屋へ入って、 「白鬚さままで、たのみますよ」 と、声をかけた。 ...