流布

2,955 の例文 (0.01 秒)
  • この語の流布にともない語義の拡大傾向も見られるようになっていった。 ...
  • こうした噂は既にレオーンの出生直後から広く流布していたようである。 ...
  • これら流布されていた信仰的要素から、角行が修行したと言われている。
  • その題材は一般に流布していたもので、作者不明なのが普通である。 ...
  • 時代や地域によって、構成の異なる悉曇章が流布していたと考えられる。 ...
  • その鬼は女性であり、名前を紅葉であるとするものが一般に流布されている。 ...
  • 一九五五年に作家出版社本が出版され、以降標点本として広く流布した。 ...
  • このうち江戸時代を通してもっとも流布したのは観世流の謡本であった。 ...
  • 一部の社員が誤情報を流布したことでプレイヤーに混乱が発生したことがある。 ...
  • 江戸地誌としては最も流布したものとなり、後世まで出版が継続された。 ...
  • 一般に流布している系図では大伴武以の子とされるが、世代は合わない。 ...
  • これらの本の流布により修行者が行っていた遍路が一般人にも開かれた。 ...
  • なお興行試合に出たことで講道館を破門されたとの説が流布している。 ...
  • 彼の提案により、偽情報の流布を専門とするソ連偽情報局が創設された。
  • 同調査会が設置されて以来、行政改革という概念が広く一般に流布した。 ...
  • 一般に流布している朝倉氏の系図では朝倉景恒の子とされるが疑わしい。 ...
  • このことが原因で広く流布することなく、衰退したとする説が唱えられている。 ...
  • 流布本系統は大きく分けて写本系統と、古活字本にわけることができる。 ...
  • 武帝の崩御後に、数種の説話伝承が流布していたことが知られている。 ...
  • さらに他の歌にも語句の相違が見られるなど、流布本とは系統の異なる本である。 ...
  • 大塩の挙兵は実録本の題材となり、数多くの写本が作成されて流布した。 ...
  • この形のものも同じように流布したが、細かいことだったので文句は出なかった。 ...
  • これをもとに「知床」は「地の果て」の意味とする解釈も流布している。 ...
  • 流布本とは異なり自筆本の系統に属するものと考えられている。 ...
  • だが、ここではあの壁がまったく異るふたつの世界の境界になっているんだ。
  • 彼はこれをモスクワへ持ち帰ったために広く流布するようになった。 ...
  • バッハが過去に就職していた町で流布していた聖書とも一致しない。 ...
  • 正しい語源が判明していても、誤った説のほうが広く流布していることがある。 ...
  • 次のページ

流布で始まる単語