法被姿

37 の例文 (0.00 秒)
  • 大幟のあとにはやはり法被姿の男が数名、それから相撲とりが何名かいた。 ...
  • マンションのちえ子の机の上には、法被はっぴ姿の祖父の写真がいつも飾られているのだ。 ...
  • 道路には法被はつぴ姿の子供と、その子を連れた夫婦と、浴衣ゆかた姿の娘たちが目立っていた。 ...
  • このとき、運転士および車掌は他の電車同様、お祭り仕様の服として法被姿で乗務している。 ...
  • しかし間もなく、先頭をきる紺の法被姿はっぴすがたの男がおしたてている大幟おおのぼりの文字が目にはいった。 ...
  • そこにも法被姿の男たちがまじっていて、先頭のものよりは小さかったが、三本ほどの幟をかついでいた。 ...
  • パーティでは随行員らとともに、着物姿と法被姿を披露した。 ...
  • それは店員の鉢巻法被はつぴ姿にとてもよく似合って、店はいきいき、客もいい気分でつい一皿も二皿も追加したりするのでした。 ...
  • 神殿わきに神輿が据えられ、法被はつぴ姿の若者たちが群れはじめていた。 ...
  • 島三郎は以前を忘れぬように、やっぱり法被姿で出前を持って行く途中、以前遊びに行っていたお茶屋の女将さんにべったり出会いました。 ...
  • まだほの暗いその門へは、法被姿や巻脚絆まききゃはんや、いずれは労働者と見える連中が、同様に一人ふたり連れ立ってやって来ていた。 ...
  • 法被はつぴ姿の男が走ってきて、 「道警のジープがデモ隊の男を撥ねたらしい」と言った。 ...
  • ねじり鉢巻に法被姿で威勢のいいポーズをとったこの像は、亀有に建立された両さん像の中では第2号の像になります。 ...
  • 精霊の群を追って遠ざかる一艘のボートのともに、法被姿の祖父がちんまりと座っていた。
  • 法被はつぴ姿の従業員は、新聞を小脇こわきに挟んでいるだけの北野に、怪訝けげんそうな目を向けながらも、威勢のいい声で迎えた。 ...
  • 全員が法被はっぴ姿だった。 ...
  • 小学生以下の踊り手は編笠はかぶらず、男の子は年長者と同様の法被姿だが、女の子は揃いの浴衣の町とそうではない町があり、各家庭で用意した普通の浴衣を着ている。 ...
  • 次へ