法被を着

65 の例文 (0.00 秒)
  • 法被はつぴを着た男や、しまの羽織に尻端折しりはしょりをして、靴をはいた男などがいた。 ...
  • が、その男は巡査でもなく探偵でもなく法被はっぴを着た警察の小使らしい男なのです。 ...
  • 法被はつぴを着た葬儀屋の男が、剃刀かみそりを手にして、頭の髪をそりはじめた。 ...
  • なにも黒と白の法被を着た苦力をつれて、白昼の幸福を妨げにこなくてもいいわけではないか。 ...
  • 法被はつぴてらとも棺桶くわんをけいた半反はんだん白木綿しろもめんをとつて挾箱はさんばこいれた。 ...
  • カメラマンなどのスタッフは全員が法被を着ている。 ...
  • 足音が近づき、くぐり戸のかんぬきが外され、法被はっぴを着た五十ぐらいの男が姿を現わした。 ...
  • カムロミは永遠にわたしの法被を着続けてくれるんですよ。
  • そばにそろいの法被はつぴを着て中間が控えている。 ...
  • そしてその二人だけが、今日のために、紺のにおう新しい法被はっぴを着て待っていた。 ...
  • 法被はつぴを着た男が静かにかいを動かし始めた。 ...
  • きょうの吉太郎はゴワゴワとした白木綿のシャツのうえに、黒い法被はっぴを着ている。 ...
  • 萠黄の法被を着た老人が後から長柄の傘をさし挂けて居る。 ...
  • その男はえりに芳翠園と書かれた法被はつぴを着ていました。 ...
  • また小行燈は現地の子供達が法被を着て練り廻しに参加した。
  • 消防団の法被はつぴを着たり、裸のままの男もいた。 ...
  • この場合は法被を着て行う。 ...
  • 次へ