法度

全て 名詞
393 の例文 (0.01 秒)
  • 利欲の誘いにかかれば、法度はっとも暴風雨も、ものの数ではなかったのである。 ...
  • 就職六年目の享保六年四月、はじめて永久法の大奥法度を出したのである。 ...
  • 藩政においては宝暦2年に新家中諸法度を制定し、兄同様に学問を奨励した。 ...
  • この時の書状に「碁之法度可申付候」とあるのを碁所の開始とする説もある。 ...
  • 戦国時代には行軍法度などに喧嘩の禁、喧嘩両成敗などの文脈で使用された。 ...
  • という手きびしい法度はつとが、二代将軍秀忠ひでただの時代、元和げんな八年に出ている。 ...
  • 一方で領民に対しても法度を制定して治世の基本法とした。 ...
  • なお、この法度を出した後、後北条氏の史料から氏舜の名前が全く見られなくなる。 ...
  • 法度が出たことは、逆の現象があった裏づけである。 ...
  • 元和九年に発布された大奥法度は、お福の手で漸次、改正を重ねてきている。 ...
  • そうではなく、施行済みの冠位制を含めた諸法律をまとめたのが冠位法度だと説く人もいる。 ...
  • この事件があったから出したのではなく、逆にすでに法度が出ているにかかわらず、それを蹂躙したために極刑に処せられたのではないか。 ...
  • また、大奥の役職や法度などを整理・拡充するなど、大奥を構造的に整備した。 ...
  • これが牢の外で、新入りの女囚をはだかにして、法度はっとの品を身につけていないかどうかをしらべる。 ...
  • その理由は、江戸時代までは各藩が独自の法度を制定し、藩によって刑罰がまちまちであったためその統一が急務であったからである。 ...
  • 無論、この事実が鬼斬りに法度であることは分かっている。
  • 当然、蠱を行なうことは固い法度はつとであり、露見すれば重罰を科せられた。 ...
  • 次へ