法度違反

6 の例文 (0.00 秒)
  • 忠広が家臣団を統率できなかったためとも、法度違反のためとも、駿河大納言事件に連座したためとも言われている。 ...
  • このとき、家臣団が正則の遺体を幕府の検使である堀田正吉が到着する前に火葬してしまったことから、またも法度違反であるとして、残りの2万石も没収された。 ...
  • 伝存の基本史料を典拠とする限り、家康と政宗をはじめとする諸大名の縁辺は、法度違反の私婚として、その是非を論ずることはできないとする説もある。 ...
  • 当初は副長、後に総長を務めたが、屯所移転問題を巡り近藤や土方歳三と対立を深め、最終的に脱走したことで法度違反により切腹した。 ...
  • これを知った幕府は、寛永4年、事前に勅許の相談がなかったことを法度違反とみなして多くの勅許状の無効を宣言し、京都所司代・板倉重宗に法度違反の紫衣を取り上げるよう命じた。 ...