法会

446 の例文 (0.03 秒)
  • 法会の時の説教の際に用いられた諷誦文の原稿の断片と推定されている。 ...
  • 仏事法会の際、その主催者である施主の願意を述べた文章を願文と呼ぶ。 ...
  • 中世には総社勧請や寺院の法会での諸神招請に利用されていたとみられている。 ...
  • 宗念寺で法会をしたあと、すぐ近くにある支度茶屋で早めの食事をした。 ...
  • それより七七四十九日にわたって、法会は盛大に続行されるわけであった。 ...
  • 以降、小川家が墓守を務め、上野では大規模な法会が毎年営まれている。
  • 今日の法会ほうえの縁を思うだけでも、もっとうちとけて親しくしてほしいものだ。
  • 母夫人も法会には来ていて、式をはなやかにする寄進などをした。 ...
  • この時代の習いで法性寺の内に墓地はなかったが、法会は寺内で行なわれた。 ...
  • これは寺門側からの独自の僧綱ルートとなる法会創設の願いに応えたものである。 ...
  • 私はまた一つ法会をするように呼ばれている。
  • それはかなり大層なもので、上流の家の法会ほうえとしてあるべきものは皆用意させたのである。 ...
  • 後には僧尼の勧化に応じて仏事法会に様々な形で協力する人々を広く指すようになった。 ...
  • 二条の邸で法会ほうえを行うときも、これが最後と紫の上は思う。 ...
  • 特に大きな法会は大会と称されることがある。 ...
  • その後、法会は追善供養などで行われる法要などと同じ意味で使われるようになった。 ...
  • たとえば人の年忌で法会などをする時は、主客共に上下を着て必ず一刀を帯びている。 ...
  • また、ある家の法会ほうえかねをたたくかわりに、屁をひってお経をあげたという。 ...
  • 彼女とはそのまえ寺の法会のときにいちど会った。 ...
  • 本来は寺社などで僧侶が法会をおこなう時などに使用していた金属製の輸入楽器である。 ...
  • この池では法会・饗宴などが開かれたという。 ...
  • 神事・祭祀・法会など宗教的な儀式の際に着用されるものだが、仏教や神道のみに限定されない場合もある。 ...
  • 台鉄側も法会を行って土地公の怒りを鎮めることにしたほか、新たに基地用の安全祈願のシンボルを求めることにした。 ...
  • 探題は僧階昇進のための課試を行う法会の一種である維摩会の主催者。 ...
  • 貞観三年三月における大仏開眼の法会は言語に絶する盛儀だったという。 ...
  • で、ただその供養を見ただけで法会ほうえには行きません。 ...
  • 四月廿二日は四十九日に相当するので、寺ではその法会を営んだ。 ...
  • 比叡山延暦寺の高僧であった彼が、当地で法会を行ったとされる。 ...
  • 次のページ