油を売る

全て 名詞
27 の例文 (0.00 秒)
  • 村には石油を売る店がないからです。
  • 油を売るのはガソリンスタンドだけで充分でございますのよー!!
  • 恐らくは実家まで歩いて行って母親と油を売るか、洗濯をしたあとで昼寝でもするのだろう。 ...
  • そうして骨身を惜しむ事を知らないし、油を売る事をしらなかったせいであろう。 ...
  • いい若い者が夜の夜中まで油を売るのァたいがいにして、もう帰んな。 ...
  • 事実僕たちにとって、用便所は油を売る集会所でもあり、また常連の顔合せの会場でもあったのだ。 ...
  • 彼が夜帰って来て横町へはいると、油を売る者に出逢った。 ...
  • これを俗に邪魔が這入はいるとも、油を売るとも、散漫になるとも云います。 ...
  • まあ、天や地やご当人たちが知っているぶんにはさしつかえないが、油を売るのが商売のご用聞きにのぞかれたということになると、午前中にそこら中ひろがってしまう。 ...
  • ぼんやりと手を空しうして、油を売る時間の無いように、順序よく働かせらるるのに満足しつつ、その得るところ大なるを喜んでいる。 ...
  • この家は商売をよしても、やはり馴染なじみの人たちには、お茶ぐらい出す様子で、道場の助手さんたちが外出した時には、油を売る場所になっているのでもあろう、マア坊は平気で奥の方へ行き、番茶の土瓶どびんとお茶碗ちゃわんを持って来た。 ...
  • 住居がきまれば、該当の米屋や、味噌みそ醤油しようゆを売る店に提出して、そこから配給をうけることになる。 ...
  • さいわい、湯屋には、油を売るための二階があった。 ...
  • 「さぁ、油を売るのはそれくらいにして、働こうぜ、おい徐州のじいさんよ」 と、工事監督が声をかけた。 ...
  • 神社は、武装した神人じにんを数百人も養い、勝手に油を売る者があれば、遠国までも押しかけていって、店をこわした。 ...
  • 使いに行けば油を売る。 ...
  • 私はストーブの側で油を売る。 ...
  • 次へ