永久服役

18 の例文 (0.00 秒)
  • 永久服役の職業軍人が役所に入るにはそれしか方法がなかったためである。 ...
  • そして、以上のいずれも期間を定めずに現役士官として勤務する永久服役とされていた。 ...
  • また、現役中に志願して許可があれば永久服役も可能であった。 ...
  • 何しろ、このときは永久服役、短期現役を含めて二千名もの学生が採用された。 ...
  • それがいやさにあえて永久服役の試験を受けたのだ。 ...
  • 桂井は技術科二十五期の永久服役組で、任官後、しばらく伊藤研究室でマグネトロンの初期研究を手がけた経験もある。 ...
  • 現役特志とは、予備役将校が志願と選考ののち、永久服役の現役将校として認められるもので、大変な狭き門でもあった。 ...
  • この緊急措置で、十七年一月、海軍技術中尉に任官した学生は永久服役九十九名、短期現役六百九十四名であった。 ...
  • そして九月に永久服役百九十八名、短期現役一千百五十二名と、前期の二倍近い学生が紺色の第一種軍装を着るようになった。 ...
  • 技術系の士官の場合、永久服役の士官と基本的に同内容で、砲術学校で3カ月半の基礎軍事教育を受けた後に海軍工廠などでの実務練習と海上実習を経験した。 ...
  • しかも、永久服役の技術科士官としての自負心も人一倍強かった。 ...
  • 通常士官の永久服役と異なり、2年間で現役期間を終えると予備役に編入され、軍務を去ることができる建前であった。 ...
  • 待遇はそれぞれのキャリア、勤務年数によって決められるが、大学や高専を同年に卒業した永久服役士官に比べると、だいたい一、二年下のところにランクされている。 ...
  • 青島二期の永久服役組・野田克彦技術中尉である。 ...
  • 技術科士官には大学在学中に海軍委託生の選抜試験に受かった永久服役士官と、大学卒業後、二年間現役に服務する短期現役士官の二通りがあった。 ...
  • ただし、1942年からは永久服役者も含め、少尉候補生に劣後する見習尉官を経ることになった。 ...
  • 海軍の歯科医将校制度は昭和17年1月に、3名が現役士官の第1期生として歯科医少尉候補生に任官し、終戦までに永久服役と短期現役を合わせて9期生まで、歯科医見習尉官として採用された。 ...