水法被

27 の例文 (0.00 秒)
  • 舁き手の服装は博多では明治以降は水法被に締め込みと決められている。 ...
  • 八番山笠の舁き手は「上川端」と背に書かれた独自の水法被を着用する。 ...
  • 当番法被や水法被はそれぞれの町ごとに異なったデザインのものを着用する。 ...
  • これらに参加する少年少女は大人と同様、水法被を羽織った締め込み姿になる。 ...
  • 統一の当番法被と水法被を着用、締め込みは白と生成以外は禁止。 ...
  • 参加者は「新天町」のロゴが入った水法被と白の締め込みを着用する。 ...
  • 櫛田流に所属していた時の水法被後部に白地に大きく青い文字の平仮名で「お」と染められていた。 ...
  • 当番法被や水法被はそれぞれの町ごとに異なったデザインのものを着用し、紺の久留米絣を用いた水法被が多い。 ...
  • 山舁き姿の時当番法被を着用するときは、水法被の上に当番法被を羽織ることになる。 ...
  • 現在の12町の名称、略称、水法被の柄、当番法被の柄、及び旧町との関係は以下のとおりである。 ...
  • 水法被は白地に流や町の名を意匠化したデザインであり、町内によっては当番法被に似た久留米絣の水法被もある。 ...
  • 学区の大部分が何れかの流に属することから参加者の大部分は各自で用意した属する流、又は町内の水法被を着用、締め込みも各自で用意する場合が多く白の他、黒や赤もある。 ...
  • 尚、7月11日に行われる他流舁において還暦を迎えた人が赤の締め込みに、赤いロゴの水法被を着用することがある。。
  • この他、「西流」のロゴが入った水法被を着用の場合もあり、その場合は町内を表すロゴが入った布を袖に縫い付ける。 ...
  • この水法被は世話役も着用する。 ...
  • 山笠に参加する舁き手たちのスタイルは水法被に締め込みという姿で貫かれ、足元は地下足袋と脚絆である。 ...
  • 学区のほぼ全てが千代流と一致することから参加者は「千代」のロゴが入った水法被と白の締め込みを着用、主に学区内で流れ舁きを行う。
  • 次へ