気障な言葉

8 の例文 (0.00 秒)
  • 俺の生活はそんなに空虚ではない、またこんな気障きざな言葉に価するほど俺の日々は安価でもない。
  • 「お前と旅を続けられるかもしれない可能性は、この取引を全て放り出した時にしか生じない」 自分の夢がかかっていようとも、お前を危険にさらすことなどできはしない、と気障きざな言葉をもってして。
  • 何だか好きなところがあるからこそ、精神的だの、宿命だのという気障きざな言葉も、本当らしく聞えて来るだけの話です。 ...
  • くるしいの、淋しいの、乱雲が湧き立ったのという気障きざな言葉は、見どころのある男子の口にせぬものです。 ...
  • 「あんたは、じゃ今でも、気障きざな言葉だが、舞台の情熱をなくしたわけじゃないんだね」 「あたし、できたら一生踊ってたい」 再び沈黙が来た。 ...
  • あの、よほどの才子や莫斯科人の大部分にもちよつと呑みこみにくいやうな気障な言葉づかひで話をした、例の豌豆いろの長袗カフターンを著た貴公子先生からはもう、すつかり音沙汰がない。 ...
  • マーキューショー 気障な言葉さ、疫病に取附かれてしまへ、奇妙な片言を操る上調子な洒落者は、あの新しがり屋の囀りやう! ...