気障な男

19 の例文 (0.00 秒)
  • 加藤は、それに挨拶あいさつをかえしながら、なんと気障きざな男だろうと思った。 ...
  • 殺された二条も気障な男だったけど、この素人探偵のポーズにも似たところがある。 ...
  • あのキャプテンはつら青白あをじろうへがスラリとたかくて、どこともなしに気障きざをとこだ。 ...
  • 蝶ネクタイの気障な男はいず、肥った年増女がカウンターの中にいた。 ...
  • だが、カウンターの奥にもう一人男がいて、それが例の気障な男だったので健はほっとした。 ...
  • 気障な男が健のほうを見たのと、健がうしろから肩を叩かれたのと、ほとんど同時だった。
  • ただ、あの気障な男が、おやすみといって別な方角へ帰って行ったので、健はひどくほっとした。 ...
  • ハザードランプが点きドアが開くと、ポロシャツの襟を立てた気障きざな男が降りてきて、エンジンをかけたままコンビニへと入っていった。 ...
  • いとこ、ということになっていたが、マスターと呼ばれるあの気障な男は、健とおしのちゃんの関係を見抜いているようだった。 ...
  • 気障な男だと小峰は思った。 ...
  • ハナは普段からこの気障きざな男が大嫌いだったが、おとうちゃんの兄貴じゃ仕方がない。 ...
  • 濃紺のソファーがテーブルを間に向き合っていて、洒落た半円形のカウンターの中に、蝶ネクタイをしめた気障きざな男がいた。 ...
  • 相手は私より多少年下だが、コール天の上下に細ネクタイ、それにチョビひげなんかはやしたいやに気障きざな男である。 ...
  • 時代遅れで大仰なモーニングを着こんだ、気障きざな男だった。 ...
  • 気障きざな男だが、もちは餅屋である。
  • そして、|処女《お と め》ごころは、茶屋がよいの幾多の男性を見るにつけ、自分の行くすえは、こんな群れにはないものときめ、それらの気障きざな男たちを冷蔑れいべつし、五年前の武蔵の面影を、ひそかな胸の奥において、口誦くちずさむ歌にも、ひとりで末の夢を楽しんでいた。
  • 度のうすい、ふちなしの眼鏡をきらりと光らせ、みどりの半袖シャツに空色のズボン、ひと握りの髪の毛をわざとらしく額にたれ下げた気障きざな男で、専門はピアノをやっているけれど、学期末の試験でバッハの『平均律』に妙なシンコペーションをつけて弾き、試験官の教授を慨嘆させたというエピソードをもっている。 ...