気障な仕草

7 の例文 (0.00 秒)
  • 気障きざな仕草だが、それがいかにも様になっている。
  • 気障きざな仕草だが、こいつがやるとなぜか様になる。 ...
  • いかにも気障きざな仕草ではあるが、この青年には妙に似合う。 ...
  • 最奥部のテーブルで、相変わらずの気障きざな仕草で手を上げる男。 ...
  • 気障きざな仕草で片手を上げ、口もとに薄い微笑を湛える鳴海。 ...
  • 右肩から前に垂れた三つ編みをひょい、と気障きざな仕草で後ろに流し、そのカンフーな出で立ちのアシストロイドは、後ろ手を組んで悠然と残骸の山を下りてきた。